歯の茶色い夫の口臭について

歯磨きをして口臭対策

口臭が気になるからと言ってガムを噛んだり、タブレットを舐めたり、ブレスケア専用の液体を使ってうがいをしたりと、何かしらのアイテムを使って口臭対策を行う人が多くいらっしゃいますが、私はこういった方に対して1番に見落としている口臭対策の方法があると思います。それは、歯を磨くことです。歯ブラシを使って丁寧にブラッシングをしていれば、こういったアイテムを使って口臭対策に取り組む必要はないように感じます。なぜなら、本当に正しい方法で1日3回の歯磨きを行っていれば、決して臭う口臭なんて現れないからです。もし口臭が臭ってくるようであるならば、そこで取り組むべきことはガムを噛んだりうがいをすることではなく、正しいブラッシングの方法を確認して歯磨きをすることだと思います。その正しいブラッシングの方法とは、第一に歯の表面の汚れを落とすこと、第二にその歯にフッ素コーティングを行うことと、この2つです。はじめに歯ブラシと糸楊子を使って、歯の表面についている食べ物の残りかすといった歯垢を取り除きます。

このときにはまだ歯磨き粉をつけないことがポイントです。そして次の段階で、フッ素の含まれている歯磨き粉をつけて、もう1度丁寧に歯を磨くのです。この2回のブラッシングを行うことによって、口臭を防ぐことが可能になります。また、フッ素コーティングは虫歯の予防にもなるため、綺麗な歯を保つためには欠かせないものだと思います。

関連キーワード